やりたいことをカタチにしたい。

やってみたい!と思ったことをやってみます。

【自作TCG】自作TCGをつくりたい! その1

ボクは昔からゲームが好きでした。

中でも特に「カードゲーム」が好きです。

 

はじまりは中学生の頃、友人とポケモンカードゲームで遊ぶようになったことでした。

“アドバンテージ”なんていう用語があるなんて夢にも思ってなかったあの頃は、とにかく「カメックス」に「水エネルギー」つけて「ハイドロポンプ」撃つのが楽しかったのを覚えています。

 

週刊少年ジャンプで「遊戯王」の連載がスタートした後、アニメで「遊戯王デュエルモンスターズ」が放映されるようになり、いっきに『カードゲーム』の世界に魅了されました。

“アドバンテージ”なんていう用語があるなんて夢にも思ってなかったあの頃は、とにかくサンダーボルト撃ってブルーアイズを召喚するのが楽しかったのを覚えています。

 

“対戦ツール”としてカードゲームをすることはほとんどなく、どちらかというと収集するのがメインで、たまに兄弟と自分たちのルールを勝手に作って対戦するくらいでした。

 

20代半ばを過ぎた頃、初めて「カードゲームで対戦できる仲間」ができました。

この頃『ヴァンガード』が発売されたばかりだったので、4人ほどの仲間で始めました。

初めてカードショップでシングル買いしたり、「紙切れ1枚が2000円するで!?」と驚いたり、初めて真剣にデッキ構築について考えたり、初めてカードショップの『公認大会』なるものに出場し、初対面の人達と対戦するようにもなりました。

 

色んな人と知り合い、対戦を重ねていくうち、カードゲームがただの「対戦ツール」ではなく、「コミュニケーションツール」の一面もあるということを知り、ますます好きになっていきました。

 

そんなカードゲームを、もっと多くの人に遊んでほしい!と、ボクは常々思っています。

しかし、それには大きな問題があります。

 

カードゲームは『敷居が高い。』

 

まず、まともなデッキを構築するために、結構お金がかかったりします。

ルールが複雑になりすぎて、初心者が入り込む余地がなかったりします。

専門用語が多すぎて、テキスト読むだけで疲れてくる場合もあったりします。

カード専門店が近くにない人は、そもそもデッキ組むのすら大変な場合もあります。

周囲に対戦してくれる仲間がいないという場合もあります。

 

そんな敷居の高さが邪魔して、興味のある人がカードゲームを始められなかったとしたら、それは勿体ない!

 

興味があるなら今すぐ遊んでほしい!

家族や近所の友達とでもいいからぁ~!!

 

 

と、いうわけで

 

「やりたいことをカタチにしたい」第2弾。

 

 

誰でもすぐに遊べるカードゲームを考えたい!

 

 

スタートします。