やりたいことをカタチにしたい。

やってみたい!と思ったことをやってみます。

最新ルール(2018.10.09)

 

 最新ルールブックはこちら

 

先日開催した「サモン・タクティクス体験会」を通じて、ゲームバランスやルールに不備がないかを確認することができました。その結果、一部のカード効果と、初期の頃より公開していたルールについて、変更を加える必要があると判断しました。

 

というわけで、この度「最新ルール」を適応した・・・

 

サモン・タクティクス ニューヴァージョン

 

を公開致しました。

とはいえ、ほとんどのカードが旧バージョンのまま変わっておらず、エラッタが必要だったカードも「テキストに補足する」程度の修正ですので、すでにカードを印刷してくれた方々には、再度印刷し直して頂く必要はないと思います。

 

f:id:o-tetsu-o:20180130215010j:plain  f:id:o-tetsu-o:20181011010825j:plain

あと、どうでもいいですけどPOWのフォントをいじりました。 

 

エラッタされたカードについてはこちらを参照して下さい。

※9月にエラッタ公開したカードに加えて、テキスト表記をよりわかりやすくするため、「マジシャン」の効果テキストも変更しました。

 

 

 

◆新ルールで変更した部分。

 

①デッキ構築のルールを変更

【旧】

好みの属性をひとつ選び、その属性の「基本カード」3種9枚を必ずデッキにいれる。

 ↓

【新】好みの属性をひとつ選び、その属性の「基本カード」の中から好きなカードを選び、10枚以上デッキにいれる。

 

デッキ構築の自由度を少し広げつつ、ゲーム性の維持を考慮して調整しました。

 

 

②マリガン(引き直し)ルールの追加

【旧】

互いのプレイヤーは山札の上から3枚引き、「公開エリア」に置いて相手に見せます。互いのプレイヤーが相手カードの確認を終えたら、公開しているカードを手元に戻し、山札からさらに2枚引きます。

 ↓

【新】

互いのプレイヤーは山札の上から3枚引き、「公開エリア」に置いて相手に見せます。この時、最初に引いた3枚が気に入らなければ、1度だけ引き直しができます。

<引き直し(マリガン)>

引いた3枚を山札の下に戻し、新たに山札の上から3枚引き、「公開エリア」に置きます。その後、山札をシャッフルします。

引き直しができるのは各プレイヤー1度だけです。

 

ゲームの準備段階で山札から引く「最初の3枚」について、それら全てがサポートカードだった場合など、完全に不利な状況でゲームがスタートしてしまうことがあり、両プレイヤーがより楽しくゲームに参加できるよう、手札の引き直しルールを追加しました。

 

 

③切り札カードを使用する際の行程を修正

【旧】

セットカードを裏向きのまま除外し、空いた場所に切り札をセット状態で置く。

 ↓

【新】

セットカードを山札の一番下に置き、空いた場所に切り札をセット状態で置く。

 

TCG未経験者にもわかりやすくするため、また、カードを置く場所が不用意に広がらないように修正しました。

 

 

最新ルールブックはこちら